借りたいローンを調べてみると見付かったオリックス銀行

メニュー

サブメニュー

オリックス銀行カードローンで自由度の高い借り入れ

オリックス銀行カードローンは事業性の資金を除けば資金使途は問われていないため、自身の目的や用途に合わせてある程度は自由に使えます。生活費としての家賃や食費としての利用はもちろん、オリックス銀行カードローンで借りたお金でレジャーや趣味のための出費とすることも出来ます。

 

その他、他社からの借り換えにも問題なく使え、更に大きな借り入れとなるおまとめローンによる一本化にも対応をしているのです。

 

困ったときに便利なオリックス銀行カードローンなら、アルバイトやパートの方でも問題なく利用が可能となっていますので、まずは24時間対応のネット申し込みから始めてみると良いでしょう。

 

 

キャッシングの仮審査と本審査の注意点

キャッシングは他のローンと比べると金利はやや高めですがお金を借りやすい仕組みになっているので、20歳以上で自分で働いて収入がある人ならアルバイト、パート、派遣社員であっても申し込みが可能なので誰でも利用することができます。

 

ただ申し込みはできても審査に合格することができないとお金を借りることができません。キャッシングの審査には仮審査と本審査があり、仮審査は基本的な情報確認だけなので、すぐに返事が来て審査結果を知ることができ合格すると本審査になるのですが、本審査で重要になるのが勤務先への在籍確認です。

 

勤務先への在籍確認はキャッシングでお金を借りるときには重要でこれをクリアしないと融資を受けることができなくなっているので、本人確認書類や収入証明書をきっちり提出していても在籍確認が取れなければ仮審査のままで止まってしまいます。

 

在籍確認が取れない理由でよくあるのが勤務先の営業時間が終了していて会社には誰も残っていない状態だったという場合です。

 

会社に誰も残っていなければそもそも電話がつながらないので在籍確認のしようがありませんし、自分が休みの日に同じく会社も休みだった場合も注意が必要です。

 

この場合翌日の営業時間に電話をかけ直してもらうことになるのですが、即日融資を希望してすぐにお金が必要だという人はとても困ります。
オリックス銀行カードローン本審査

 

手軽に手早くキャッシングできるようにしたい

申し込んですぐキャッシングできるようにしたい場合、ある程度の事前準備が必要になります。そのためにも、まだ借りる必要がない段階で業者の種類や申し込み手順、必要な書類を知っておきましょう。業者ごとに利用限度額や適用金利が異なるため、比較サイトや口コミサイトなどで、どこが有利か調べておきます。

 

申し込み方法としてはインターネットのほか電話、店頭窓口、自動契約機、FAXや郵送の方法もあります。電話の場合、無料のフリーダイヤルのところと、通話料を申込者が負担するところがあります。必要な書類としては本人確認書類と、借り入れ金額が大きくなる場合には収入証明書類の提出が求められます。

 

本人確認書類は運転免許証やパスポート、健康保険証などのいずれか1点、もしくは2点必要な場合もあります。業者によって異なるので注意しましょう。収入証明書類は源泉徴収票や確定申告書の控えなどで、基本的にコピーではなく原本が必要です。

 

もし、保管していない場合や紛失している場合は、役所に所得証明書の発行を依頼できますが、300円程度の手数料がかかります。収入証明書類が用意できない、もしくはコストをかけたくない場合には、利用限度額を収入証明書が不要な限度まで下げることも考えられます。
広島県ですぐ借りるプロミス